「病に悩む全ての方々を笑顔にしたい(2)」

この「T-1」に「ホルモン伝達の正常化」や「末梢血管の循環改善」等の作用も

見付かった ので今ではショウキT-1はウイルス病で悩む方々だけではなく糖尿病や眼病等、

特に婦人病その中でも不妊症で悩む方々に世界中で広く飲用されております。

開発当時は誰一人としてたんぽぽ茶「ショウキT-1」の事を知りませんでしたが、

病院や薬局・薬店で地道に医療データを集め各種医学学会でエビデンス(医学的根拠) を

発表した事により「たんぽぽ茶」=「ショウキT-1」=「邵輝」である事は揺るぎ

無いものになりました。

幸い飲用して頂いた方々から毎日数えきれない程のたくさんの「喜びの声」を頂き、

医療人として大変喜んでいます。近年では全国各地で「たんぽぽ先生」と呼ばれる 事が

多くなり「先駆者だけが頂ける称号」だと、少し恥ずかしいですがそう呼ばれる 事を

とても喜んでいます。しかしながら、これが終わりではありません。

今ではやっとたんぽぽ茶「ショウキT-1」が日本中の方々に知られるようになりましたが、

世界中に広がるにはあと一歩です。

「たんぽぽ茶を医療レベルまで引き上げた元祖」 として、世界から病に悩む方々が

いなくなるまで、走り続けようと思います。 今後ともご支援を宜しくお願い致します。

「病に悩む全ての方々を笑顔にしたい(1)」を読む・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

「病に悩む全ての方々を笑顔にしたい」

1963年に私は、中国山東省に生を受けました。名中医師(参考…東洋医学を実践する医師。

中国では国家資格)である祖父を目指し1984年に北京中医薬大学医学部を卒業し、

1988年より大阪大学医学部に留学しました。

同大学の微生物研究所でウイルス免疫学を研究し、 1992年に大阪大学にて医学博士号を取得しました。WHO(世界保健機構)にてウイルスの 研究に携わっていた際に「世界の人々の脅威になるウイルスがますます増える」と感じ、 良い治療薬が必要だと痛感しました。

「安価で且つ世界中で簡単に手に入る材料」からウイルスを抑え込んでくれる 働きのある物質を探し出す事が出来たならば、世界中の病に 悩む方々を救う事ができると思いを新たにしました。

研究に没頭すること数年、ついに500種類を超える生薬の中から「蒲公英(たんぽぽ)の葉」 に「抗ウイルス効果のある物質」が含有されている事を見付け出しました。

私は、この物質 を「T-1」と名付けました。そして私が考案した特別な製法によりこの「T-1」成分を豊富に 含んだエキスの商品化に成功しました。それがたんぽぽ茶「ショウキT-1」です。

「ショウキT-1」の「ショウキ」は、もちろん邵輝という私の名前から名付けました。 天文学者が新たに見つけた星に自分の名前を付けるように、物理学者が新たに作り出した 物質に自分の名前を付けるように、人々を病から救うこの「T-1」という新物質のエキスに 「ショウキT-1」と名付けました。自分の名前を名付ける事は、この商品に対する 「医療人としての自信と責任」の表れでもありました。

後にその新物質には、インフルエンザウイルスや肝炎ウイルス他に癌にも効果がある事を 確認しました。今、世界中の大手製薬メーカーよりたんぽぽ茶「ショウキT-1」に関心が 集まっています。

<②へ続く>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする