―男性の妊娠力アップの為に―

もう1つ、男性が、絶対に注意しなければいけないことがあります。それは、下半身を高温にさらさないことと、締め付けないことです。

精子をつくるには色々な酵素が働きますが、その酵素はタンパク質からできていて、働くのに最適な温度があります。体内で働く酵素は、体温である37℃付近が最適温度なのですが、精子をつくるときに働く酵素は、それよりもっと低い34℃付近が最適とされています。ですから、精巣(睾丸)を高温にさらすと、精子をつくる酵素の働きが悪くなって、良い精子ができなくなってしまうのです。

従って、熱いお風呂や長風呂は禁物。ぬるめのお湯で、カラスの行水くらいがいいのです。もちろん、サウナもいけません。暖房器具も、電気毛布など直接下半身を温めるものは避けます。

また、下着は風通しのいいゆったりしたものを着用します。締め付けがきつい下着は、温度の問題だけでなく、ストレスを受けやすい、酸化しやすいという、別の負の面を持っています。

このように、赤ちゃんを授かりたいのなら、男性も妊娠させる力をアップさせるための体調管理をする必要があります。もちろん、ご夫婦の協力が何より大事なことは言うまでもありません。

赤ちゃんを授かりました!より一部抜粋

                               邵 輝(ショウキ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする