―すべての礎は妊娠する前の体づくり―

現代西洋医学の不妊治療は日進月歩で、今や体外受精が当たりの感があります。しかし、いくら技術が向上しても、患者さんが妊娠しづらい体質であったなら、赤ちゃんを授かることは難しいと言わざるを得ません。

私がかねがね皆さんに申し上げているのは、体外受精だから医師に任せておけば大丈夫、というのではなく、相応の準備をしておくことが大切だということです。

それは、質の良い卵胞をつくれる体、卵子を子宮までちゃんと運べる体、受精卵がしっかり着床できる体、妊娠を維持し元気な胎児を育てる体をつくること……。すなわち、コウノトリがいつ来てもいいように、万全を期すということです。

さて、私がカウンセリングをしている不妊症の患者さんは、ほとんどが高齢の女性です。40歳代前半はまだ若いほうで、40歳代後半、50歳代も珍しいほうではありません。そして、その患者さんたちの多くは何度も体外受精を試み、失敗して、私のところに相談に来られた方です。

そうした方々に、私がいつも提案しているのが、タンポポT-1の飲用と、食生活を含めた生活習慣の改善、あるいはプチ断食や温灸、カッサマッサージなどを併せて行うことです。

強力なタンポポT-1のサポートと自身の体への配慮があれば、妊娠しやすい体質になることは十分に可能です。私はそれを臨床の場で実感しています。

ですから、不妊治療は辛いものだとネガティブに捉えるのではなく、将来きっと会える自分たちの赤ちゃんとの楽しい生活を思い描いて、希望を持って、実践してみてください。そうすれば、きっと物事は良い方向に進みます。

中医学では、流産を防止し妊娠を継続させるという意味の「安胎」という言葉が昔から使われ、新しい命が育つ環境を重視してきました。人任せでは良いお産はできません。妊婦さん自身が自分の、そして生まれてくる赤ちゃんのために良いことを行う、という積極的な気持ちが大事です。できるところから少しずつでも、安胎の考え方を毎日の生活に取り入れて、かけがえのない大切な命を育んでいきましょう。

「すべての礎は妊娠する前の体づくり」————————

赤ちゃんを授かりました!より一部抜粋

                               邵 輝(ショウキ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする