東洋医学的見地で病気を理解する~解毒を助けるタンポポ~

体に不必要に溜まってしまった水は、

水毒となって体の流れをせき止め、

さまざまな症状を引き起こします。

 

ですから、余分な水を外へ出して解毒することが大切です。

それには、食事や生活習慣を見直して体の負担を減らし、

解毒力を高めることが重要です。

 

そして解毒の大きな助けとなるのがタンポポです。

 

タンポポの解毒作用は昔から世界各地で利用されています。

 

ドイツやスイスでは、春にタンポポサラダを食べて、

冬の間に溜まった毒を解毒する習慣があります。

 

タンポポの強い利尿作用が体の余分な水を外に出し、

タンポポの体のバランスを調整する力が

ストレスを減らして気を通じさせ、タンポポの

毛細血管拡張作用が瘀血を解消し、予防します。

 

これが私の考える解毒であり、皆さんに

実践していただきたい解毒です。

 

今後はその解毒作用を中心に、

タンポポについて詳しくご紹介します。

 

解毒革命より一部抜粋 邵輝(ショウキ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする