PM2.5への曝露で精子の質が低下

PM2.5への曝露で精子の質が低下するという香港中文大学の研究がOccup Environ Medで発表されましたので紹介します。

化学物質への曝露は精液の質の悪化要因と考えられていますが、これまでの文献は結果にばらつきが見られるため、Lao氏らは短期的、長期的にPM2.5にさらされた場合の影響について台湾男性の精液を調べました。

2001年から2014年に台湾で標準的な健康診断を受けた15歳から49歳の男性6475人を対象に横断的研究が行われました。精液の質は1999年のWHOガイドラインによって、また3カ月と2年間のPM2.5濃度の平均はそれぞれの住所によって評価されました。

結果、PM2.5への曝露と正常形態の減少の間には強い相関が認められました。2年間の平均PM2.5濃度が5μg/m3増加するごとに精子の正常形態は1.29%減少しましたが、精子濃度は1.03×106/mL増加しました。同様の結果は3カ月間の曝露にも見られました。

PM2.5への曝露は短期、長期を問わず精子の正常形態率低下と強く関連するという結果を受けて、Lao氏らは大気汚染の拡大が相当数の不妊をもたらす可能性を懸念し、公衆衛生上の重要課題であることを指摘しています。

<参照>
■Lao XQ 他、Exposure to ambient fine particulate matter and semen quality in Taiwan, Occup Environ Med. 2017 Nov 13. pii: oemed-2017-104529. doi: 10.1136/oemed-2017-104529.
■坂田真子、「PM2.5への曝露で精子の質が低下」、Medical Tribune、2017年12月7日号

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする