スマホで精子をセルフチェック

不妊症においてその原因の半数は男性にあるということはもはや常識です。しかし、実際は女性への治療がメインで男性は検査すらなかなか受けようとしないという話をよく聞きます。男性不妊症の専門医が少なく、地方によっては施設がないため検査にたどりつくこと自体が困難という面もありますが、やはり心理的なハードルが大きいと思います。

先日、スマホで精子をセルフチェックできるキットの話を聞きました。seem(シーム)というもので、スマホに専用の顕微鏡レンズを乗せてアプリで撮影すると精子の濃度や運動率が測定されます。

seemのホームページでも簡易測定ツールであるため医療機関での診断に代わるものではなく、確定的な診断を行うものではないと明記されていますが、男性不妊症の早期発見のきっかけになるおもしろい商品だと思いました。

男性専門妊活外来の受診者も徐々に増えており、受診者の多くが不妊で悩んでいる人ではなくこれから妊活をする人ということで、男性不妊症に対する考え方も少しずつ変わってきているのかもしれません。

<参照>
seem HP

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする