冬至にはストレスを発散するユズがおすすめ

今年の冬至は12月22日。冬至は一年で昼が最も短いことから、陰が極まり再び陽にかえる、つまり冬至を境に運が上がると言われます。

冬至といえばユズ湯ですが、この時期はぜひユズを活用してほしいです。

江戸時代に書かれた『和漢三才図会』にも「食を消化し酒毒を消す」「妊婦の食欲がない時によい」「怒りっぽい気分を心地よくさせる」とユズの効能が書かれています。

特に良いのは、ユズには詰まった気を発散する働きがあることです。冬は寒いので動くのがおっくうになり体も固まってしまうので、気が滞って様々な不調を引き起こします。これをユズのさわやかな香りが解消してくれます。

ユズは鍋料理以外にも案外何にでもあいますので、無理にユズで一品を考えるよりもユズを常備して少しずつ料理に加えると使いやすいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする