『健康365』で邵氏温灸器が14ページの大特集です!

『健康365』2月号のテーマは「脱低体温で耳鳴り・めまいは治る」ですが、「特集1」で邵氏温灸器が大きく取り上げられました。

記事のタイトルは

医学博士が開発!
温灸の温熱刺激による血流促進と自律神経のバランス改善で耳鳴り・めまいを一掃!
煙が出ずに安心・安全「煙らん温灸」

ということで、お灸の使いにくさを解消した邵氏温灸器の紹介や使用におすすめの部位、使い方やQ&Aなどもりだくさんの内容で、なんと14ページにわたる大特集になっています。

ちなみに「煙らん温灸」の1つが邵氏温灸器です。邵氏温灸器の大きな特徴の一つは、においや煙が強いというお灸の問題点を大きく改善したところにありますが、その特徴を「煙らん温灸」というキャッチーなつかみで表現してくださって、さすが雑誌の担当者はうまい!と感心しました。

今回の特集で特に注目していただきたいのが、耳に温灸をしたら首や両腕、指先まで温まっているのがわかるサーモグラフィの写真です。
私は冷え性の方に耳への温灸を勧めています。一度でも試していただければ温かさに包まれることを実感いただけるのですが、最初は半信半疑の方が多いです。この写真は見たらわかりますから説得力があります。

また、症例が豊富に紹介されているのもとてもよいと思います。
特にみうらクリニックの三浦直樹院長には耳鳴りに煙らん温灸を使用して劇的に改善した症例を2つもご紹介いただき、本当にうれしく思います。
他にも回転性のめまい、更年期の耳鳴りと肌のかゆみ、躁うつ病に伴う片頭痛が煙らん温灸で治まった症例が紹介されています。ぜひ参考にしていただきたいです。

邵氏温灸器を現在ご使用の方にも、これから使ってみたいと思っておられる方にもおすすめの内容です。
ご一読いただければ幸いです。

<参照>
■邵輝、「医学博士が開発! 温灸の温熱刺激による血流促進と自律神経のバランス改善で耳鳴り・めまいを一掃! 煙が出ずに安心・安全『煙らん温灸』」、健康365、2018年2月号

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする