NHKクローズアップ現代が精子劣化の現状を特集

2018年2月6日に放送されたNHKクローズアップ現代「男にもタイムリミットが!?~精子“老化”の新事実~」が大きな反響を呼んでいます。

不妊症の原因の半分は男性にもあるとの認識は最近ようやく共有されてきたように思いますが、「精子さえいれば子どもはできる。男性に年齢は関係ない」と考える人はいまだに多いです。最新の研究で老化した精子が不妊の原因になるリスクが明らかになり、同番組では「精子の数と運動率が悪くなっている」「精子のDNAが損傷している」ことに焦点を当てています。放送の内容をまとめます。

■精子の数と運動率が悪くなっている

この40年間で西側諸国の男性の精子数が半分以下になったということ※はすでにお伝えしていますが、日本ではどうなのかを調べるために番組では20~50代の男性9人の精子濃度と運動率を測定しました。
※リンク先は「不妊治療のやめどき」の記事に行きますが、そこから下にずっとスクロールすると「この40年間で西側諸国の男性の精子数が半分以下に」の記事が出てきます。

結果は、数はあっても運動率が低い方、数も運動率も低い方など、9人中5人が自然妊娠が可能とされる基準を下回りました。WHOによる自然妊娠が可能な精液の目安は濃度が1500万/ml、運動率が40%です。

また、順天堂大学浦安病院、辻村晃教授の日本生殖医学界学術講演会(2017)資料によると、この3年間の564人(平均年齢35歳)の精液検査の結果は、約6人に1人がWHOの基準を下回っています。

■精子のDNAが損傷している

精子をマウスの卵子の中に入れて観察する研究において、正常な精子で受精すると受精卵が活性化する一方、老化した精子で受精すると分裂に必要な活性化に至らないことがわかりました。

この研究を行う獨協医科大学埼玉医療センター泌尿器科の岡田弘主任教授は「35歳を過ぎたら細胞分裂を促す精子の力が衰えていく人がいる。原因の一つとして精子中のDNAの損傷が考えられる」と言います。

損傷したDNAが30パーセントを越えると自然妊娠が難しくなると言われます。番組内の調査に協力したある40代男性は濃度や運動率に大きな問題はありませんでしたが、損傷率が30パーセントを越えていました。

岡田教授は「精子の質の検定がこれからは大事になってくる。年齢的に子供ができにくくなると言うのは女性だけではなくて男性にも責任の一端がある」と指摘しています。

精子の数と運動率が悪くなっていること、そして精子のDNAが損傷しているものがあることの原因について、獨協医科大学埼玉医療センター講師で泌尿器科医の小堀善友さんは環境の変化とライフスタイルの変化を指摘しています。
PM2.5が精子に悪影響を及ぼすという研究があり、さまざまな環境要因が精子に悪影響を及ぼしている。ライフスタイルはここ数十年で大きく変わり、肥満、睡眠不足、たばこなど老化のストレスを増やすような生活習慣が精子中のDNAを傷つけている」。

小堀さんは「精子を守るための7カ条」として以下を挙げています。

1)禁煙
2)禁欲は間違い
3)ブリーフよりトランクスを
4)妊活の時期はサウナを控える
5)膝上のパソコン操作はだめ
6)自転車に注意
7)育毛剤(飲み薬)に注意

育毛剤は体内のホルモンに影響を及ぼすことがあり、それが精子の所見を悪くする可能性があると指摘されています。

小堀さんは男性にまず自分の精液の状態を知るために泌尿器科や産婦人科で検査を受けることを勧めています。しかし、泌尿器科で検査を受けられることは一般にあまり知られておらず、産婦人科やレディースクリニックに自ら足を運ぶ男性は多くないのが現状です。小堀さんは「スマートフォンで気軽にチェックもできるので、そこから赤ちゃんを作っていこうと自ら意識を変え、新たに行動してほしい」と提案しています。

<参照>
■NHKクローズアップ現代、「男にもタイムリミットが!?~精子“老化”の新事実~」、2018/2/6

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする