お父さんが子育てに関わるほど子どもは健康に育つ

赤ちゃんが産まれるとお母さんと赤ちゃんの仲があまりによいので、自分はお母さんほどにはなれないのかなとさみしい思いをするお父さんも多いと思いますが、そんなことはありません。父親と多くの時間を過ごす子どもは1歳に達した時点でより健康に育っているという論文があり、育児におけるお父さんの役割はとても大きいです。

ニューヨーク州立大学のSolomon W. Polachek教授らの研究によると、両親が未婚で子どもが母親と暮らす715家庭について分析を行ったところ、父親似の子どもはそうでない子どもと比べて1歳時点でより健康であることがわかりました。

父親は子どもが自分に似ているとより子育てに時間を割き、そうでない父親に比べて子どもと過ごす期間が月平均で2.5日長く、月に1日長く子どもと過ごすことで、子どもの健康は標準偏差の10パーセント以上向上します。

Polachek教授は「子育てに積極的な父親は間違いなく重要な役割を果たすと考える」と述べていますが、お父さんが子育てに関わることで子どもの健康が向上するなら大変望ましいことです。まとまった時間はなかなかとれなくても、何かにつけて子供たちに声をかけて楽しい時間を過ごしてください。

<参照>
■Marlon R.Tracey Solomon W.Polachek, If looks could heal: Child health and paternal investment, Journal of Health Economics Volume 57, January 2018, Pages 179-190,
■今手麻衣、『父親似の赤ん坊はより健康に育つ 未婚の母親と暮らす715家庭対象の分析』、Medical Tribune、2018/3/8

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする