『健康PLUS』アレルギーと不妊治療

『健康PLUS』 31号が発売になりました。

今回の特集はアレルギーです。
総論はもちろんですが、こころ、食事、ペット、薬草などいろいろな切り口からアレルギーを取り上げていて充実した内容になっています。

私は「アレルギーと不妊治療」というタイトルで寄稿しています。

「花粉症の時期は妊娠率が下がる」「花粉症の人は妊娠しにくい」と言われますが、花粉症に限らずアレルギーがあると異物として排除しようとするので着床障害や子宮内膜が成長しないということがおこり、不妊症や不育症につながることがあります。

アレルギーを東洋医学的な観点から解説し、アトピーと喘息の臨床例を紹介しています。

ご一読いただければ幸いです。

<参照>
■邵輝、「アレルギーと不妊治療」、健康PLUS 31号

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする