精子のタウリン不足が不妊を招く

筑波大学の浅野敦之助教授の研究グループがコーネル大学のStipanuk教授との共同研究において、精子のタウリン不足が不妊を招くことをマウスによる実験で明らかにしたと発表しました。
以下に一部を紹介します。

タウリンは精巣上体内腔液に豊富に存在するアミノ酸の1 つで、主にシステインジオキシゲナーゼ (CDO) を含むシステイン代謝系が合成を制御しています。

Stipanuk教授の研究グループはCDO欠損マウスの雄は原因不明の不妊となることを報告しており、今回の研究では、CDO欠損マウスを用いてCDO の生殖系器官における発現と機能に加え、雄不妊を引き起こす分子メカニズムの同定が試みられました。

受精能力試験により、CDO 欠損精子は正常な受精能獲得および先体反応能力はあるものの、卵子への侵入能を著しく欠いていることがわかりました。

精子は精巣上体において CDO によって合成されたタウリンを吸収します。
今回の研究で、精子は雄生殖器道内でタウリンを吸収することで雌生殖器侵入時の浸透圧的ストレスによる受精能力喪失を回避することがわかりました。
このことはCDO 欠損精子の受精能力がタウリンを処理することによって回復されることから裏付けられました。

以上の結果から、CDO が欠損している雄マウスの精子はタウリンが不足しているため、精子が雌生殖器道内に侵入後、運動障害が引き起こされることが明らかとなりました。

筑波大学は不妊症における原因不明の受精障害に対する新たな検査法や治療法の開発に繋がることが期待されるとコメントしています。

<参照>
■筑波大学、「精子のタウリン不足が不妊を招く ~精子が雌生殖器道内での浸透圧的ストレスを回避するメカニズムの発見~」、2018/4/20
■Atsushi Asano et al, Cysteine dioxygenase is essential for mouse sperm osmoadaptation and male fertility (システインジオキシゲナーゼはマウス精子の浸透圧調節と雄受精能力に必須である)、FEBS Journal DOI: 10.1111/febs.14449, 2018/3/31
■今手麻衣、「精子のタウリン不足が不妊の原因に」、Medical Tribune、2018年4月26日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする