思春期の子宮内膜症が片頭痛に関係か

思春期に子宮内膜症があると片頭痛を起こしやすいという研究がありましたので、ご紹介します。

子宮内膜症ボストン・センターの研究グループが2012年11月から2016年11月にわたって、思春期の女性を対象に外科的に子宮内膜症と診断されたグループとそうでないグループを比較したところ、子宮内膜症がないグループで片頭痛がある人は30.7パーセントでしたが、子宮内膜症があるグループでは69.3パーセントにも上りました。

片頭痛のNRS(患者さんが感じている痛みを数字で評価するための指標)が1段階上がるごとに、子宮内膜症は22パーセント増加しています。

また、子宮内膜症と片頭痛の両方がある人は、片頭痛がない子宮内膜症患者よりも月経困難症の頻度が高いこともわかりました。

<参照>
■Miller J et al, Prevalence of migraines in adolescents with endometriosis, 2018 Apr;109(4):685-690. doi: 10.1016/j.fertnstert.2017.12.016. Epub 2018 Mar 28.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする