ゴシップの語源

英国では伝統的に女性が産気づくと近所の女性たちが世話をしにくるので、全員に食べものと飲みものをふるまうのが妊婦さんの務めでした。

これらの女性たちは妊婦の「主にある姉妹(sisters in God)」と呼ばれ、略して「God-sib(ゴッドシブ)」、さらに「gossip(ゴシップ)」となりました。

赤ちゃんが生まれるまで彼女たちは座っておしゃべりをしていましたが、その時のうわさ話が転じてゴシップと呼ばれるようになったようです。

近くでうわさ話をされたら妊婦さんは気になって仕方がないと思いますが・・・

<参照>
■ギル・ポール、『50の事物で知る図説医学の歴史』、原書房

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする