季節の果物 いちじく

年間約1,200トンが出荷される一大生産地、兵庫県ではいちじくが旬を迎えています。

日本のいちじくの8割を占める品種として全国各地で栽培されている桝井ドーフィンは、桝井光次郎さんが米国からドーフィンという品種を持ち帰り、川西市で栽培したのが始まりです。

不老長寿の果物と言われるいちじくにはカリウムや鉄分などのミネラルに加えてペクチンなどの食物繊維が豊富に含まれます。

ジャムやお菓子にも加工され、この季節の楽しみですが、生で食べすぎると舌がいたくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする