夫婦喧嘩が炎症を促進する

夫婦喧嘩が炎症を引き起こす可能性があるという論文が発表されました。

24~61歳の結婚3年以上の43組の夫婦に意見がわかれやすい話題について20分間話し合ってもらい、その様子を観察しました。

話し合いの前後に採血を行い、腸内細菌叢から血中に移行した細菌内毒素のバイオマーカーの変化を比較したところ、相手に対して強い敵意を示した人は敵意が弱い人よりレベルが高くなりました。

細菌内毒素のバイオマーカーは炎症マーカーと強い関連があり、パートナーとの関係が悪いと腸内細菌叢から産生された細菌内毒素が血中に流れ出して炎症反応を促進しする可能性があります。

怒るとおなかや頭が痛くなることは経験的に思いあたりますので、さもありなんというところですが、心と体は密接に関連しているのだと改めて思います。

<参照>
■Kiecolt-Glaser JK et.al, Marital distress, depression, and a leaky gut: Translocation of bacterial endotoxin as a pathway to inflammation, Psychoneuroendocrinology. 2018 Aug 4;98:52-60. doi: 10.1016/j.psyneuen.2018.08.007.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする