photo by ELFA

正岡子規が有名な「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」を詠んだ日にちなんで、10月26日は柿の日と言われます。

「霜降柿を食べると、冬には風邪を引かない、鼻水も出ない」と言われるように、柿はビタミンA、ビタミンC、カロテンなどが多く含まれ、栄養価が高い食材です。

漢方でも柿は捨てるところなしで、柿の実はのどの渇きと咳に、葉は血圧降下に、ヘタですらしゃっくり止めとして用います。

ただ、生柿は体を冷やすので食べ過ぎると腹痛や下痢になります。また、柿の葉茶も体を冷やす作用が強いので冷え性の方は控えたほうがよいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする