11月23日、兵庫の冬の味覚、岩津ねぎ販売解禁

冬の食卓には欠かせないねぎ。

兵庫県では群馬の下仁田ねぎ、福岡・博多の万能ねぎとともに日本三大ねぎとよばれる岩津ねぎが11月23日から解禁となり、各地で即売会やイベントが催されます。

緑色の部分がやわらかく、ねぎ内部のとろりとしたところもおいしい岩津ねぎは冬にしか味わえない逸品です。

風邪をひいたらねぎ、という方は多いと思いますが、漢方でも風邪の頭痛に対して「葱し湯」というねぎの入った処方があります。

ねぎはからだをあたためる作用が強いので手足が冷える方、そして疲労回復作用があるので元気がない方にもおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする