初夢

昔の人は初夢で新しい年の吉凶を占っていましたが、今も年が明けると最初の話題は初夢が多いのではないでしょうか。

おめでたい夢として「一富士、二鷹、三なすび」と言われますが、室町時代頃から七福神の宝船の絵を枕の下に入れて寝るとよい夢が見られると言われ、江戸では元旦の朝に宝船の絵を売る商売が繁盛したそうです。

一般に元旦の夜から二日の朝にかけて見る夢が初夢とされていて、中には「初夢が気になって眠れない」という方もおられますが、江戸時代には大晦日から元旦にかけて見る夢、二日に見る夢、三日に見る夢などいろいろな説があったそうです。

ですから、「初夢を見なかった」「初夢を忘れた」「悪い初夢だった」という人もあまり気になさらず、よければ喜ぶくらいでよいのではないでしょうか。

今年も多くの方に大変お世話になり、充実した一年を過ごすことができました。心からお礼申し上げます。
どうぞよいお年をお迎えください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする