寒卵

2019年は1月20日から大寒となります。

寒さが厳しい時期に昔から人気がある食材に卵があります。
寒さに負けずに産み落とされた卵には滋養と強運があるされ、寒の内の卵は寒卵、特に大寒の卵は大寒卵と呼ばれて縁起ものとされてきました。

寒卵は季語にもなっています。

一つづつ母の包みし寒卵      土屋明子

寒卵一ついただき一日生く   大橋麻沙子

ふだんは特に気にすることなく口にする卵ですが、寒卵の句には命や家族のあたたかさを感じるものが多いです。

大寒の次の節気は立春。
春はもうそこまで来ています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする