座り過ぎ生活はEDリスクを上げる可能性

仕事はデスクワークが中心、すぐそこまでの距離でも車で移動し、最近では「OK Google エアコンつけて」と声をかければエアコンもテレビも動作します。便利な反面、ますます体を動かさなくなり、筋力や心肺機能が低下して病気のリスクが高まると指摘されています。

体を動かさない生活はEDリスクを上げる可能性もあります。

愛媛大学の古川慎哉准教授の研究チームが2型糖尿病の男性患者430人を対象に調べ、1日あたりに座っている時間とEDは明らかに関係があると結論づけています。

忙しくてスポーツどころではないという方も多いとは思いますが、「おーい、お茶」と言って持ってきてもらうのではなく、日頃からこまめに体を動かすことが大切です。

<参照>
■Furukawa S et al, Self-reported sitting time and prevalence of erectile dysfunction in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus: The Dogo Study, J Diabetes Complications. 2017 Jan;31(1):53-57. doi: 10.1016/j.jdiacomp.2016.10.011. Epub 2016 Oct 18.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする