FDAが初の産後うつ薬を承認


Photo by Matthew Henry on Unsplash

米国では10人に1人の女性が産後うつを経験していると言われるなか、FDAが産後うつの治療薬を初めて承認しました。現在の産後うつ治療薬は効果が出るまで数週間かかりますが、Sage Therapeuticsが製造するZulressoは点滴後48時間以内に楽になり、すぐに効き目が現れることが注目されています。

Zulressoは深刻な産後うつの女性と軽度の産後うつの女性の2つの臨床研究において評価されました。4週間の追跡調査において、どちらの研究においてもZulressoの点滴を受けた女性はプラセボの女性と比較して改善がみられたとFDAは言います。

「産後うつは深刻な状況の場合は命に関わります」とFDA医薬品評価センターFDAのTiffany Farchioneさんは言い、今回の承認が重要な新しい治療の選択を提供することを評価しています。

しかし、Zulressoは指定された医療センターでしか点滴を受けることができず、管理プログラムが課せられます。点滴には60時間かかり、めまいや失神など副作用の監視が必要です。価格も非常に高額で、点滴1回あたり34000ドルに加えて約2日間の医療センターへの入院費も必要で保険はまだ適応されません。

Sage Therapeuticsはこの薬をピルにすることを研究中で2、3年後には完成予定とのことですが、現時点では使用はかなり難しいのではないかと思います。

私は産後うつの方には温陽利湿、活血、抗炎症、交感神経抑制効果のあるシベリア産松瘤エキスをベースに証に応じて漢方を使用し、臨床で改善しています。

現在、健康プラス次号掲載予定のうつ病の対応について原稿を書いており、発行されたらこちらでもお知らせしますのでぜひご一読ください。

<参照>
FDA approves first treatment for post-partum depression, FDA News Release, March 19, 2019
■JULIE MAZZIOTTA, FDA Approves First Drug to Treat Postpartum Depression, PEOPLE, March 20, 2019

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする