カッサの効果を倍増させるのは知識

スキンケアの教祖と呼ばれるSu-Manさんのフェイシャルカッサの施術は1回3万円もしますが、「顔と首を解毒してくれる」「リンパの流れをよくしてむくみを取る」「小皺やしわが目立たなくなる」「顔色が明るくなる」と大人気です。

Su-Manさんは「適切に行えば、カッサは頬骨と顎のラインをすっきりさせるなど驚くような結果を出してくれます」と言いますが、同時に「カッサはとてもシンプルですが、正確なテクニックが必要です」とも言います。

例えば、「顔の皮膚はとてもデリケートなので、毎日カッサをするべきではありません。週に1度、または3日に1度で十分です」とSu-Manさんは言いますが、これも知らなければ肌荒れを起こしてカッサから離れてしまうだけの結果になってしまいます。

Su-Manさんも「自分で行う時はスプーンを使うこともある」と言うように、カッサは中国ではれんげを使用したり、日々のちょっとした不調に対して日常的に用いられている民間療法です。

気になる症状に対してちょっとしたコツを知っていれば、カッサの効果は2倍にも3倍にもなります。

花粉症や肩こりにカッサをどう使うことができるのか、東洋医学やツボ指導もあわせて学べるカッサ療法士育成講座が4月12日から萬育堂薬房においてスタートします。興味のある方はぜひご参加ください。

<参照>
萬育堂薬房HP
■ROSIE FITZMAURICE / KATIE THOMPSON, Celebrity facialist Su-Man on how to use gua sha to contour your cheekbones and jawline, 4/3/2019, Evening Standard

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする