30代の10人に1人が未経験


Photo by Roman Kraft on Unsplash

東京大学大学院のGhaznavi氏らのグループがこの20年間で性経験がない成人が増加し、30代の10人に1人が未経験であると発表しました。

同グループが1987年から2015年の出生動向基本調査のデータを解析したところ、1992年から2015年の間、18~39歳の未経験率は女性は21.7%から24.6%に上昇、男性は20%から25.8%に増加しました。

30~34歳の未経験率は、女性は1987年は6.2%だったのが2015年には11.9%に、男性は8.8%だったのが12.7%でした。

また、35~39歳の未経験率は、女性は1992年は4%だったのが2015年には8.9%、男性は5.5%だったのが9.5%でした。

同グループはこの結果について、男性にとって雇用形態の不安定さと低所得が未経験であることと関連していると指摘しています。
もちろん要因はこれに限りませんが、このあと交際、結婚と進んだとしても結婚年齢が高くなるため出産を考えた時に不妊治療を考えなければならない可能性が高く、子どもを持つことのハードルが一層上がります。
少子化問題において、結婚以前の段階で30代の10人に1人が未経験であるという状況は深刻な問題であると考えます。

<参照>
■Ghaznavi C et al, Trends in heterosexual inexperience among young adults in Japan: analysis of national surveys, 1987-2015, BMC Public Health. 2019 Apr 8;19(1):355. doi: 10.1186/s12889-019-6677-5.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする