子宮内膜症を発見するスマートタンポンが1億円の研究資金を調達


Photo by chuttersnap on Unsplash

カリフォルニア州オークランドを拠点とする設立して4年半のNextGen Jane社は、タンポンに吸収された血液を使って子宮内膜症の早期マーカーをみつけられないかと考えています。

現在はまだ証明もされておらず、研究が必要な段階です。CEOのRidhi Tariyalさんは「方法を確立するために約800人の女性に試験を行う資金が必要だ」と言いますが、今回、1億円の資金を調達したことで同社は有効な量のデータを約2年間、集めることができる見込みです。

同社の方法は約2時間使用した専用タンポンを検査機関に送って分析するので、検査を受ける女性の負担は現状と比べると大きく軽減されます。試験段階ではありますが、興味深い試みであると思います。

<参照>
■Connie Loizos, A startup trying to detect endometriosis through ‘smart tampons’ just landed $9 million in Series A funding, TechCrunch, 2019/04/02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする