すべてのこどもたちが健やかに成長しますように


Photo by mari-t

端午の節句は、五月五日に薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んで邪気を祓う中国の行事が平安時代に日本へ伝わり、時代が下って菖蒲に尚武をかけて男の子の成長を願う行事となっていったと言われます。

端午の節句におなじみの鯉のぼりは立身出世の象徴です。「黄河の龍門の滝を鯉がさかのぼって龍になった」という中国の故事を由来としています。

龍門は黄河の上流にある急流で、中国の古書に「鯉が龍門に千匹集まり、逆流でのぼり上げ、勝は龍になり、負は魚たる」とあるように、そこから難関を突破して躍進の機会をつかむ事を「登龍門」と言うようになりました。

こどもの日の今日、すべてのこどもたちが健やかに成長しますように心からお祈り申し上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする