麻疹の流行が続いています


Photo by Pranidchakan Boonrom from Pexels

昨年夏以降、流行が続いている麻疹(はしか)の報告数が566人となり、5月26日時点で昨年1年間の2倍となりました。

麻疹は感染力が非常に強く、空気感染します。胎児奇形を起こすことはないとされていますが、妊娠中に麻疹にかかると重症化し、流・死産、早産の頻度が上昇するとの報告があります。

妊婦さんはもとより周囲の方も麻疹ワクチン接種や流行が報告されている地域への外出を極力避けるなど気をつけてください。女性はワクチン接種後、2カ月間の避妊が必要です。

<参照>
麻疹感染者566人、早くも昨年1年間の2倍超、読売新聞、2019年06月04日
■日本産婦人科医会、妊娠している方へ麻疹(はしか)の流行についてのご注意、平成30 年5月8日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする