新陳代謝をよくする食材


Photo by Artem Beliaikin from Pexels

新陳代謝をよくする食材は体の中の詰まりをとるものです。
この季節はトマト、タマネギ、唐辛子がおすすめです。

■トマト
トマトに含まれる赤い色素、リコピンには血液をきれいにする作用があります。

私の大学の恩師は高齢ですが、エレベーターのないマンションの3階に住んで階段を使っています。トマトと卵の炒めものを毎日食べているから元気だと言っています。トマトは前立腺肥大症の予防にもなり、血液をさらさらにします。

■タマネギ
タマネギは消化液の分泌を促し、体をあたためるので新陳代謝を助けます。

昔、タマネギは高級食材でした。漢字で「玉葱」と書きますが、この「玉」の意味は「丸い」ではなく「玉(ぎょく)」です。シルクロード経由で大金を払ってタマネギを入手していたので「宝石のようなネギ」ということです。

タマネギについて、こんな話があります。
モンゴル帝国の三代目の皇帝は、初代と二代目の皇帝が若くして亡くなったので、「どうしたら長生きできるか」とある高名な漢方の先生に尋ねました。その先生は「私が出す漢方を飲めば100歳まで生きられます。羊1万匹、馬1万匹と交換しましょう」と言い、受け取った馬と羊を焼き殺してしまいました。そしてタマネギを出して、「肉のかわりにタマネギを食べれば長生きできます」と言ったそうです。

■ 唐辛子
唐辛子は代謝を高めて脂肪を燃焼させます。

2年ほど前から世界的に唐辛子がブームになり、いろいろな料理に使われたり、辛くない唐辛子粉末も出てきました。

イタリアでは肉料理の時は唐辛子をよく使いますが、魚介料理の時は使いません。唐辛子の解毒は肉の毒を出し、脂肪を燃焼させます。唐辛子をよく食べる韓国、メキシコ、イタリアでは太っている人は比較的少ないです。韓国では脳梗塞や循環器の病気が日本と比べて少なく、PM2.5によいということで唐辛子のジュースが流行っています。

唐辛子は世界中でいろいろな品種が開発され、辛さもちがいますが、効果はほとんど一緒です。ただ、パプリカやシシトウなど辛くないものは効果が弱いです。唐辛子はナス科なので毒性がありますが、辛くないものの方が辛いものより毒性が強いです。辛い方は新陳代謝で毒性が早く抜けていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする