着床前診断の問題

30年ほど前は女性の婚期がクリスマスケーキに例えられ、「25歳までに結婚しないと…」と言われていました。確かに医学的には25歳が一番子どもができやすく、米国の論文によると、30歳前だと妊娠できる卵子の排卵があるのは60%ですが、30歳を越えたら40%、35歳になると30%くらいになります。つまり、1年で12回排卵しても3~4回しか妊娠のチャンスがないという状態です。

日本産科婦人科学会は従来の方針を大幅に転換し、新型出生前診断の条件緩和を進める方針を打ち出しています。

出産ジャーナリストの河合蘭さんが東洋経済で記しているように、高齢妊娠は染色体異常のリスクが高いです。

染色体異常があると移植して陽性になっても流産してしまうことがあります。河合さんはこの記事の中で某産婦人科から解析に出された42個の胚のうちわずか8個しか正常と判定されなかった例を書いていますが、私が臨床で担当する患者さんたちも本当に大変な思いをされています。

ある方は、採卵1回目は5個、2回目は4個、3回目は5個と毎回卵子は取れているのですが全て成長しませんでした。4回目は6個のうち2個が受精卵になり、体を作って6回目でようやく着床前診断をパスした受精卵が3個できました。某クリニックの統計では、35歳の女性の場合、8~9個くらい卵子が取れたら1個着床するという厳しい現実が表されています。

着床前診断は確かに有用な技術ですが、患者さんからしたら繰り返し移植しても妊娠しない、繰り返し染色体の検査をしてもパスしないという状況は肉体的にも精神的にも大きなダメージとなります。妊娠する前に夫婦の体づくりをすることが大事です。

<参照>
■河合蘭、体外受精の着床前検査「異常が7割」という衝撃 本来は「禁断」の臨床研究から得られたこと、東洋経済ONLINE、2019/03/23
■Dr. Shawkea Official Blog, 日本産科婦人科学会の着床前検査臨床試験で異常が7割

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする