夏こそスイカ


Photo by rawpixel.com from Pexels

夏は尿量が減ってむくみやすくなります。むくみの解消には利尿作用があるタンポポT-1エキスを第一にお勧めしますが、旬の食材で言えばスイカです。

英語ではwatermelonというスイカは「水のメロン」の名前の通り、90%以上が水分です。約5000年前から栽培されており、当時は水分の貯蔵や長旅の水分補給減として用いられていたようです。

ヒポクラテスはスイカを利尿剤として用いたり、熱射病の子どもの額に冷やした皮を当て、大プリニウスも『博物誌』の中でスイカの解熱効果を紹介しています。ビタミンA、ビタミンC、カリウムも豊富に含まれています。

今、スイカに含まれるL-シトルリンという成分が注目され、米国ではサプリメントも販売されています。

運動前にスイカジュースを飲むと心拍数の上昇が抑えられ、翌日の筋肉痛が緩和されます。興味深いのが、これを検証する実験で天然のスイカジュース、L-シトルリンを増量したスイカジュース、プラセボ飲料の3種類が使われたのですが、天然ジュースと増量ジュースの両方に効果が認められたものの、前者の方が後者よりも腸細胞における吸収率が高いということです。

L-シトルリンが体内で変化する必須アミノ酸、L-アルギニンは血管拡張作用があり、血流を促進するので心臓血管の健康状態に改善が見られたという研究結果もあります。血流を促す効果からED治療にPDE5阻害薬と併用するサプリメントとして応用できるのではないかとも期待されています。

<参照>
■Amanda Fiegl、スイカが発揮する5つの健康効果、National Geographic、2013.08.21
■Shirai M et al., Oral L-citrulline and Transresveratrol Supplementation Improves Erectile Function in Men With Phosphodiesterase 5 Inhibitors: A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Crossover Pilot Study., Sex Med. 2018 Dec;6(4):291-296. doi: 10.1016/j.esxm.2018.07.001. Epub 2018 Aug 24.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする