秋の養生

中国の古典、『黄帝内経』では「秋に湿に傷つけられる」とあります。

秋分の前は湿気がまだ強いです。秋のはじめに湿気を受けるとすぐに発病せずに痰ができ、肺にたまって咳になります。

立秋以降は東洋医学では肺の季節で、鼻水やのどの痛みなど肺の症状が増えます。

この場合、脾を理気して利尿すると良いので利尿作用があるタンポポをおすすめします。

そして夏の暑さで脾胃が弱っていますので、脂こいものは避けてあっさりしたものがよいです。梨やレンコン、アズキ、特にナツメをとると良いです。おなかに元気をつけるのに、おへそに温灸をするのもおすすめします。

秋にできる梨は甘味・寒性で、肺経に入って咳止め薬になります。潤肺といって肺を潤す作用があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする