子宝カウンセラーの会でご講演いただく藤野祐司先生のコラム

 

 

12月8日に新大阪で開催予定の子宝カウンセラーの会でご講演いただくウィメンズクリニック本町、院長の藤野祐司先生のコラム、『生まれる前からの先制医療~胎内で健康素因形成~』が11月26日、毎日新聞に掲載されました。

 

生活習慣病の発症を防ぐための先制医療という考え方について解説するとともに、妊娠する前や妊娠中からの栄養や環境への配慮が生まれてくる子どもの将来の健康において重要であることを指摘されています。

 

大阪府医師会のリレーコラム、「ご近所のお医者さん」において、藤野先生はこれまで『女性アスリートの無月経~ピル服用などで調整を~』『不育症~治療で防げる流産も~』など旬のトピックスを取り上げておられ、たいへん参考になります。子宝カウンセラーの会でご講演いただけることを楽しみにしています。

 

8日に開催される子宝カウンセラーの会は50回目の節目を迎えます。これも会を支えてくださるたくさんの先生方のおかげであると深く感謝申し上げます。当日は50回記念の全体写真撮影や10年以上在籍の店舗さまに功労賞表彰も行います。年末のお忙しい時期とは存じますが、この記念すべき一日を共に過ごせることができればうれしく思います。会場でお目にかかれるのを心待ちにしています。

 

 

 

<参照>
■毎日新聞「ご近所のお医者さん」
■illustlated by lovelova

 

 

NO IMAGE

冬の養生にナツメ

東洋医学では季節に応じた養生を重視しており、冬は補腎・補気・補血しやすい季節です。 中国の古書、『黄帝内経』によると、冬は貯蔵の季節です。植物はタネの形になり、クマは冬ごもりをし...